Tiny Happiness

北海道のまんなかあたり「愛別町」から
ほんのりしあわせなこと。
新酒「ふしこ」を愛でる夕べ

 

2月17日

新酒「ふしこ」を愛でる夕べが蔵KURARAらにて開かれました。

 

5年ぶりに参加しました。

 

上の写真は

栗山町 小林酒造株式会社専務取締役 小林精志さん ご挨拶中

 

 

盛況でした。

みなさん、幸せなお顔。

 

新酒と熟成酒を飲み比べさせてもらいました。

味の違いがわかりました。

熟成酒はまろやかでコクがあります。

新酒は若く、少し尖っている。

 

愛別町産のおこめの塩だけのおむすびがうまいうまい。

協和温泉さんのきのこのてんぷらとともにぱくぱく食べてきました。

 

法被の背中の写真を撮らせていただきました。

 

 

過去記事は

お知らせ   

| 愛別町のお米 | 00:00 | comments(0) | -
協和の里のもち工房 愛ふくふく@イオンモール旭川駅前
 

今日、旭川駅に用事があり、帰りにイオンモール旭川駅前に入りました。
協和の里のもち工房 愛ふくふくさんが出店していました。

お正月のお雑煮に愛ふくふくのお餅、おすすめします。
きめこまやかでなめらかでおいしい。

発芽玄米もちのお雑煮もつぶつぶがよい食感で好きです。

30日(水)までです。
| 愛別町のお米 | 22:15 | comments(0) | -
黒田知永子さんが「愛ふくふく」に!

まだまだ雪が多い愛別町ですが
籾まきがはじまり、苗床作り作業に入ったようです。

北海道のお米はほんとうにおいしくなりました!
各お米農家さん、農業試験場のみなさんの日々の努力のたまものです。

お天気に恵まれますように。

話は変わって
モデルの黒田知永子さんが雑誌 eclat (エクラ)4月号の取材で
愛別町 協和農産  協和の里のもち工房「愛ふくふく」にいらしていたそうです!

遠くからでも拝見したかったー!と、ミーハー心が(^^)

集英社エクラ 今月の黒田知永子さん こちら
愛ふくふく ホームページは こちら

お手元にエクラ4月号があれば
または図書館でみつけたらなら
北海道の旅のページをぜひみてください。
| 愛別町のお米 | 20:25 | comments(0) | -
愛ベストバザール 2013 冬 おもち&お米
明日、ケーブルテレビポテトで愛ベストバザールのことの放送があるのですが
何時のなんという番組でしょうか?
把握できていない!(^^;)

協和農産 愛ふくふくのお餅


あん餅いろいろ


協和の里のもち工房  愛ふくふくホームページ こちら
お正月のお餅にぜひ!


なりた屋さんのお米、米粉など
化学肥料、農薬を使っていません。


玄米カイロ! 


玄米と米ぬかと塩で作られています。

なりた屋ホームページ こちら

| 愛別町のお米 | 18:05 | comments(0) | -
成田さんの「おこめシリアル」「玄米シリアル」@木村商店
2012080616180000.jpg 

成田農園さんの「おこめシリアル」「玄米シリアル」
本町通り商店街 木村商店にて 各315円
新発売!

化学合成農薬・肥料を使わずに育てた愛別産ゆめぴりかが
ポン製法で「どん」になりました!

味付けされていないのですが、ほんのり甘いです。
お米本来の甘み、旨味が生きています。
玄米シリアルを書道教室に持っていって小学生に味見してもらったら
「うめえ〜!(男子の声)」「香ばしい!」と好評でした。

成田さんのお米のブランド名は「北の漢米(おとこまい)」
漢な気持ちが込められた力強いネーミングですね。

パッケージデザインは奥さんのmamiさん
すてきなデザイン!
みた瞬間「好き〜!」と思いました(^▽^)/

パッケージの裏には食べ方いろいろ
牛乳をかけて朝ごはんに
ヨーグルトの上に
スープをかけてリゾットやお茶漬け風に
クルトンの代わりに
揚げ物の衣に
チョコレートで固めてスイーツに

なるほど!
お茶漬けのあられの代わりやクルトン、いいかも!
小さく切ったマシュマロや胡桃といっしょにチョコレートアイスにまぜたら
サーティンワンのロッキーロードみたいになりそう!


成田農園 なりた屋ホームページは こちら
成田 漢さんのブログ「北の百姓日記」は こちら
成田 mamiさんのブログ「農家の嫁 mamiの採れたて日記」は こちら
昨年の有機野菜の情報は こちら

木村商店については  

木村さんのお話では玄米シリアルは便秘のかたにおすすめだそうです。

わたしはからだのために玄米を食べたくても
超胃弱のため玄米ごはんだと消化に無理がかかって
胃が痛くなっちゃうか、もたれちゃって全身しんどくなってしまうのですが
このシリアルならだいじょうぶ(^^)v
| 愛別町のお米 | 16:18 | comments(0) | -
差し苗
 

金富
田植えはほぼ終わりに近づいたようです。
差し苗をしている姿がみえました。

数日気温がぐっと下がりました。
ライラックの咲く季節、まさしくリラ冷えです。
今日は晴れて太陽の光が燦々と降り注いでいますが、空気は冷たいのです。
田んぼの水も冷たくてからだがひえるだろうな
泥は重くて足はとられるし
ずっと腰を曲げているし疲れるだろうな、大変だろうなと思います。

ごはん粒ひとつひとつを大切にしなくちゃね!
| 愛別町のお米 | 15:03 | comments(0) | -
新酒「ふしこ」を愛でる夕べ 2012-2

メニュー

 
◎日本酒
愛別産米で醸造したお酒 大吟醸『ふしこ』
新酒 熟成酒 生酒
◎焼酎
上川産蕎麦を使った焼酎『黒岳』
◎おつまみ
きのこ料理
渓谷味豚ソーセージ (味豚「みとん」と読みます)
丸干しカンカイ
枝豆
おでん
漬け物
やきとり
おにぎり
白菜のおひたし
わらび
おにぎりがこれまた旨い!
愛別のお米はほんとうにおいしいのです。
舞茸の天ぷらは協和温泉 荒木料理長の作。
新鮮でしゃきしゃきした舞茸がさくっとぱりっと揚がっていて
中にはお味噌と青紫蘇。
味わい深いのです。
◎デザート
米粉をつかったチョコレートケーキ
このケーキを作ったのは稲作農家の男性。
初挑戦だったそうです。しっとりしておいしかったです。
| 愛別町のお米 | 20:12 | comments(0) | -
新酒「ふしこ」を愛でる夕べ 2012-1
 2月24日 新酒「ふしこ」を愛でる夕べに行ってきました。

お酒はほとんど飲まなくなったし、飲めなくなったのですが・・・
お米作りの取材がライフワークになっているのでいろいろお話を聴きたかったのです。
出席してよかったです!

あいべつ地酒を創る会の会長 工藤さんの挨拶があり、
乾杯の音頭は愛別町長の矢部さん。


栗山町の小林酒造から専務の小林さんがいらしてくださって
原酒と新酒と熟成酒をマグロに例えたお話と
ポケットのついたタオルをお持ちになっていて、そのポケットにお銚子をいれておいて
露天風呂に入りながらお酒を味わう楽しむというお話。



150人以上の出席者があったそうです。

| 愛別町のお米 | 20:20 | comments(0) | -
新酒「ふしこ」を愛でる夕べ
新酒「ふしこ」を愛でる夕べ
〜十年ぶりに帰ってきました「ふしこ」の日〜

2月24日(金) 18:00〜
蔵KURARAら
会費 2500円

開催内容
日本酒の講話 小林酒造(栗山町)小林専務(ホームページはこちら
新酒と熟成した「ふしこ」の飲み比べをお楽しみください
上川町産そばを使用した焼酎「黒岳」をお楽しみください
地元産食材の軽食をお楽しみください
お楽しみ抽選会を行います
吟醸酒粕をお買い得価格で提供致します

チケット販売先 
愛別町本町通りにあります四カ所
Aコープあいべつ店 木村商店 梅津商店 愛別商工会

主催
あいべつ地酒を創る会
後援
(農)伏古生産組合
愛別商工会
愛別町込め麦生産振興協議会
JA上川中央(ホームページはこちら

事務局
JA上川中央中央農販売課
電話 01658-6-5315

※20歳未満の方は、ご遠慮願います。
※お酒を飲まれる方は、お車の運転をご遠慮願います。


以上、案内のフライヤーから転載しました。


「ふしこ」
伏古はアイヌ語で「フシコ(fusko)」もとの、古くからあるという意味です。
または「フシコ ペッ(fusko pet)」古い川という説もあります。
北海道には何カ所か伏古と名付けられた土地があります。
昔からアイヌの人たちが暮すコタン(集落)があった土地でしょうか。

愛別町伏古は北海道ではむずかしかった酒造適合米を試験栽培し、収穫した土地です。
その北海道産酒造適合米の発祥の地の名がお酒の名前になりました。

2001年2月23日に蔵KURARAらにてお披露目会が開かれました。

2012022216200000.jpg

当時作成されたパンフレットです。

| 愛別町のお米 | 20:04 | comments(0) | -
稲刈り
2011092815320000.jpg

豊里にて

稲刈りが進んでいます。
8月の暑さで遅れを取戻し稲の生育は順調のようです。

今年は何をみても震災の被災地を考えてしまいます。
今は二回の台風で水に浸かった稲穂のことも。

こうやって無事収穫できることは
ありがたいことなのですね。


夕方5時30分頃
夕焼けと田んぼ



小春日和でした。

| 愛別町のお米 | 21:34 | comments(0) | -
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
著作権・版権について
掲載の写真、文章、絵の著作権・版権は梅津真由美にあります。 雑誌の表紙、印刷物などにおいてはそれぞれの出版社さん、クライアントさんにあります。 無断で使用することはご遠慮ください。
メールアドレス
umetsu@m.email.ne.jp
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE